online doctorate degree in education http://ecoopera.ca/azithromycin.html ucla harbor medical center http://ecoopera.ca/amoxicillin.html indiana health insurance low income
こだわり
  • かみこみ豚
  • かみこみ豚

ロース肉は、北海道産の100頭に3頭程度しか現れないという、霜降り肉のように脂のまわった「かみこみ豚」を使用し、バラ肉は、道産の幅広で、脂身と肉のバランスの良いものを、厳選しております。

タレは、日本酒と蜂蜜をたっぷり使い、添加物を一切使用せず、店内でひと鍋ごとに丁寧に、手作りされており、えぐみのない、サラッとしていてしかもコクのある味で、お客様からは、「タレだけでご飯が行けちゃうね」とお褒めの言葉をいただきます。

よくお客様から「このタレは、何処かで買うことができるの?」とのご質問をいただきますが、すべて手作りで大量生産できませんので、はなとかちのお店と、各地の百貨店さんの物産展のみで、販売させていただいております。

かみこみ豚かみこみ豚

焼きは、高熱量で炭火と同じ周波数の熱線を出し、網焼きで、余分な脂を落とし、炭火焼に近い状態に焼き上げることのできる電気グリラーを使い、肉にタレを刷毛で、塗っては焼きを何度も繰り返し、焼き上げ、肉にタレの層を何層も作、肉に深みのある味わいを作って行きます。

かみこみ豚

ご飯は、美唄市の契約農家、深澤農場産で、減農薬栽培していただいている、道産米「ふっくりんこ」を、2、3日分づつ発注し、はなとかちにお送りいただく度に、玄米から精米していただき、入荷したものをすぐに使い切り、また、深澤さんに発注するというように、こまめな対応により、よりおいしいご飯を、お召し上がりいただけるよう、日々努力しております。

かみこみ豚

炊きたてのご飯に、焼きたてのお肉をのせたら、北海道産の山わさびを、中心にのせます。
従来山菜である、山わさびは栽培ができず、お店で使っていくのには、不向きのものでしたが、ここ数年栽培に成功し、豚丼の味のアクセントとして、より一層その味を引き立てるのに、重要な役割を果たしております。

かみこみ豚

同様に、帯広市近郊の中札内村で生産される、黒枝豆を散らし、他の枝豆とは、一味違う風味もお楽しみいただいております。

食材や焼きにこだわった、十勝帯広の名物、はなとかちの豚丼をぜひご賞味ください。

  • butadon.com
  • northen-road
  • shun
  • northen-road
豚丼のはなとかち 

ページ先頭へ戻る